東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

息を合わせ「銭太鼓」 太田の老人クラブが発表会

銭太鼓を披露する「市みち草の会」メンバー=太田市で

写真

 太田市の「第二十六回生品地区老人クラブ連合会実績発表会」が同市生品行政センターであり、地区のお年寄りが伝統芸能などを演じた。

 「市みち草の会」は小銭の入った筒で床をたたき、太鼓のようなリズムでジャラジャラと音を出す「銭太鼓」を披露した。島根・出雲地方が発祥とされる民俗芸能で「安来節」と一緒に演じられてきたという。

 同会でこの日ステージに上がったのは六十〜八十代の六人。民謡教室がきっかけで十年ほど前から練習している。今回は「ズンドコ節」を披露したが、レパートリーは数多いという。

 同会の小磯己知子さんは「新しい振りを覚えるのが頭にも体にもいいみたい」と笑顔で話していた。(粕川康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報