東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

きらり若者の感性 太田・足利の観光パンフ 専門学校生が印刷会社と作成、寄贈

太田市の清水聖義市長(左から3人目)に観光パンフを贈った専門学校生ら=太田市役所で

写真

 太田市東長岡町の太田情報商科専門学校(田鶴大輔学校長)の学生と栃木県足利市の印刷会社「足利印刷」(森田公博社長)が協力して両市の観光パンフレットを作成し、それぞれの市に五千部ずつ寄贈した。

 足利印刷が昨年、若い世代の感性で両市をPRしてもらおうと、パンフレットの作成を提案。学生十人がデザインやレイアウトを担当した。

 パンフレットはA3判の折りたたみ式で、表紙には両市にゆかりがある新田義貞と足利尊氏がアニメのキャラクター風に描かれている。太田市の焼きまんじゅうや足利市の「足利シュウマイ」など両市のご当地グルメのほか、太田市の世良田東照宮や足利市の史跡足利学校など観光名所八カ所を紹介している。

 表紙のQRコードをスマートフォンで読み取ると、義貞や尊氏のキャラクターと写真撮影ができたり、限定動画が見られたりする工夫も取り入れた。同校二年の野手薫さん(足利市)は「太田市は工業のイメージなどで赤色、足利市は文化の薫りがするので青色と、それぞれの市をイメージしたデザインを心掛けた」と話す。

 パンフレットは太田駅の観光案内所や北関東自動車道の太田強戸パーキングエリア、道の駅おおたなどで配布している。 (粕川康弘)

太田、足利両市に贈られた観光パンフレット

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報