東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

「わ鉄」開業30年、みどり市コノドント館で企画展 開業初日のヘッドマーク展示

会場には開業当時のヘッドマークなどが展示されている=みどり市で

写真

 わたらせ渓谷鉄道の開業30周年を記念した展示会「足尾線からわ鉄へ−わたらせ渓谷鉄道開業30年−」が、同市の大間々博物館(コノドント館)で開かれている。4月7日まで。

 わたらせ渓谷鉄道は、廃線の危機にあったJR足尾線を引き継ぎ、1989年3月29日に開業した。

 会場には開業初日の車両に飾られたヘッドマークや1970年代後半からの存続運動のチラシやポスター、当時の写真など約200点が展示されている。

 足尾線7駅の最終日となった89年3月28日付の乗車証明書もある。同証明書は、足尾線の蒸気機関車(SL)の機関士だった桐生市の収集家の小林光雄さん(79)のコレクション。

 月曜日休館。入館料200円、小中学生50円。 (粕川康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報