東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

旬の農産物で活力を 栃木・上三川産使い、メニュー6種 宇都宮のホテル 今月末まで

「上三川ベジフェア」のポスター

写真

 栃木県上三川町で生産された旬の農産物を食材にした朝食メニューが、宇都宮市の「宇都宮東武ホテルグランデ」で3月末まで期間限定で提供されている。

 レストランのシェフが、アスパラガスやニラ、トマトなどを使って6種類のメニューを用意した。食材の仕入れには、JAなども協力。町産業振興課は「県外からの宿泊客も多い。旬の農産物を味わってもらうことで、町の知名度アップにつながれば」と期待を寄せる。

 ホテルのカフェレストラン「オアシス」で企画されたのは「上三川ベジフェア」。アスパラガスに卵黄ソースを添えた伝統的なフランス料理のグラタンや、栃木のブランド豚「とちぎゆめポーク」をじっくり煮込んで香辛料を利かせた角煮、ごはんで作ったクリームとイチゴの「とちおとめ」を合わせたメニューは、イチゴ大福をイメージさせるという。

 メニューを考案したシェフの後夷(うしろえびす)正宏さんは「アスパラガスなど、ちょうど今が旬の野菜ばかりで、元気が出るメニューばかりです」と話す。

 「上三川ベジフェア」は、和食、洋食がそろう通常のビュッフェ形式の朝食メニューに6品が追加される。料金は1人1620円(サービス料など込み)、4〜12歳は972円。(原田拓哉)

考案されたメニューの一つ「アスパラガスのグラタン」(宇都宮東武ホテルグランデ提供)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報