東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

路地裏の名店に乾杯 桐生でスナックや居酒屋巡る「探検隊」盛況

夜の街を歩く路地裏探検隊の一行=桐生市で

写真

 桐生市中心部の夜の街を楽しむイベント「路地裏探検隊」が盛況だ。地元商店主らの案内人と路地裏を通りながら、スナックなどの隠れた名店をはしごして楽しむツアーだ。二〇一三年秋に始まった探検隊は定期的に開催され、第十九回の今年二月末のツアーには、百人超が参加するほどの人気を集めるようになった。(池田知之)

 探検隊は、桐生の企業や商店、市民らでつくる「ファッションタウン桐生推進協議会」(事務局・桐生商工会議所)の主催。古くから繊維業で栄えた桐生に残る路地を散策しながら、三千円の参加費でスナックや居酒屋など三店を巡る活性化イベントだ。

 二月二十八日夜に開催された探検隊には、百十人が参加した。スタート場所となる桐生市本町の洋品店に集合した参加者は七グループに分かれ、案内人に引率されて出発。人が擦れ違うのがやっとの路地を通り、三軒をはしごした。それぞれの酒を飲みながら、初対面の人たちも楽しそうに交流していた。

 どの店に行くかは、事前に知らされないミステリーツアーだ。前橋市から初参加した男性公務員(43)は「初めての店に入るのは抵抗があるが、商工会議所のお墨付きの店だから安心です」と話す。

 事務局の担当者は「手ごろな参加費で楽しめるため、リピーターが多い」と話す。参加者の半分以上はシニア世代。担当者は「若い世代にも参加してもらい、路地の楽しさを知ってほしい」と期待する。

 次回の探検隊は、四月二十五日午後七時から開催する。問い合わせは、平日午前八時半〜午後五時に協議会事務局の桐生商工会議所総務課=電0277(45)1201=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報