東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

上州真田三名城結ぶ 城跡と最寄り駅周回、無料シャトルバス運行

真田三名城周遊バスのチラシ

写真

 沼田市とみなかみ町、東吾妻町の1市2町の観光協会は真田氏に関わりの深い沼田、名胡桃(なぐるみ)、岩櫃(いわびつ)の3城跡とそれぞれの最寄り駅を結ぶ「上州真田三名城周遊無料シャトルバス」を4月7日と5月5日、6月9日に運行する。

 自治体や鉄道、観光関連企業などが展開する観光キャンペーン「群馬プレデスティネーションキャンペーン(DC)」が4〜6月に実施されるのに合わせた特別イベント。

 3城跡と沼田駅、上毛高原駅、群馬原町駅の間を巡るバスを3台、時間をずらして運行し、1日で3城跡を見て回ることができるようにする。バスの時刻表はホームページに掲載されている。

 沼田城は江戸時代前半を含む約1世紀、真田氏が沼田領を支配する拠点となった。名胡桃城は真田氏と北条氏が奪い合った結果、豊臣秀吉による小田原征伐の誘因となった城として知られる。岩櫃城は真田昌幸が滅亡寸前の武田勝頼を助けるため招き入れようとした難攻不落の城とされる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報