東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<統一地方選>免許も選挙も大人の一歩 伊勢崎の自動車教習所で学生らが啓発

啓発品を受け取る教習生=伊勢崎市の赤城自動車教習所で

写真

 伊勢崎市の赤城自動車教習所で3日、大学生らでつくる「G−Vote18」のメンバーや県のマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」らが、教習生らに統一地方選の投票を呼びかける啓発品約100部を配布した。

 「G−Vote18」は、若者の投票率低迷に歯止めをかけようと、県選挙管理委員会が県内の大学や短大に呼びかけ昨年6月に発足した。メンバーの学生らは選挙啓発を企画し実施してきた。

 選挙権年齢が18歳に引き下げられて初めての県議選が春休みに重なることから、若者が多く集まる教習所に着目した。

 提案した高崎経済大4年の高草木健太さん(21)は「選挙公約など自分から調べることが大切。選挙を難しいものと考えずに、一歩踏み出して投票に行ってほしい」と期待を込めた。

 メンバーの1人、群馬大3年の根岸あゆ香さん(20)は「啓発する側の経験は新鮮だった。活動を通じて意識が変わり、投票に対する思いが強くなった」と話した。

 同日は前橋天川自動車教習所でも啓発した。

  (市川勘太郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報