東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

前橋空襲語り継ぐ あす前橋 市民ミュージカル、プレ公演

 前橋空襲を題材にした市民ミュージカル「鎮魂華(ちんごんか)」の8月の本公演を前に、プレ公演が21日、前橋市本町の「K’BIX元気21まえばし」で開かれる。 (市川勘太郎)

 前橋空襲の悲惨さを後世に伝えようと、まえばし市民ミュージカル実行委員会が市民から出演者を募り、2015年に「灰になった街」、17年には「我愛〓(ウォーアイニー)」を上演した。「鎮魂華」は3部作の最終章で、日本とアメリカが舞台となる。プレ公演では、全2幕のうち1幕を上演する。

 10日の会見で同実行委の新陽一委員長は「このような取り組みは全国でも前橋だけ。プレ公演をきっかけに多くの市民に2部も見てもらいたい」と話した。

 公演は午後2時から。事前申し込みは不要で定員は400人。入場無料。本公演は8月3、4日に前橋市南町の昌賢学園まえばしホールである。問い合わせは、同実行委事務局=電027(898)6522=へ。

※〓は、にんべんに尓

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報