東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

裏妙義山系 安全な登山を 安中で救援隊 指導や登山道整備

スプレーで目印を付ける隊員ら=安中市で

写真

 本格的な登山シーズンを迎えた裏妙義山系で、安中市遭難者救援隊約30人が入山者への登山指導や道標の取り付け、登山道整備などを行った。

 同山系は標高は低いものの険しい岩場のため、連続する鎖場やはしごを渡る登山道もあり、転落や滑落事故も多く発生している。登山指導は毎年、入山者が増える春と秋に松井田山岳会や安中署、安中消防署、県防災航空隊、市で構成する同救援隊が実施している。

 登山道入り口の元国民宿舎裏妙義駐車場では、安中署の藤塚博幸署長が「訓練で知識をさらに高めてほしい」と隊員らに訓示した。

 隊員30人が各登山コースに分かれて道標やテープを取り付けたり、カラースプレーで目印をつけたりした。その後、合流した隊員たちは垂直登はんや降下のザイルワーク訓練にも取り組んだ。 (樋口聡)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報