東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

故新井淳一さん宅が全焼 大量の作品が焼失 桐生

 ファッションの発展に寄与したことで知られ、二〇一七年九月に八十五歳で死去した故新井淳一さんの桐生市境野町一丁目の自宅が十四日に火災で全焼し、保管されていた大量の作品が焼失したことが十五日、遺族への取材で分かった。

 新井さんはさまざまな繊維素材を組み合わせる手法で新しい布を発明。世界的なファッションデザイナーの三宅一生さんらに作品を提供した。自宅には三十代ごろから創作してきた布が大量に置かれていたといい、長女の夫新井正直さん(63)は「膨大な試作品が全部燃えてしまった。実際にこんなことが起きるとは信じられない」と話した。

 県警などによると、火災は十四日午後六時四十分ごろ発生。一人で暮らしていた妻利子さん(86)が気付き、自ら一一九番した。木造平屋が全焼し、近隣の建物にも延焼したが、けが人はいなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報