東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

フェスで感じる桐生レトロ あす、あさって 本町の重伝建で出店や「裏ガイドツアー」

「HONCHOワンツーFES」のTシャツを手にPRする斎藤直己さん

写真

 国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に指定されている桐生市本町1、2丁目で、地域活性化イベント「HONCHOワンツーFES」が18、19両日の午前10時〜午後4時に開かれる。飲食や雑貨、衣類など両日で延べ約70店が並び、江戸期から昭和初期にかけての建築が多く並ぶ街の散策を楽しめる。雨天決行。

 地区の30〜40代の有志が昨年9月に始めたイベントで、2回目の開催。

 隠れた見どころを巡る「裏ガイドツアー」では、案内人とともに井戸やお屋敷を巡る。ツアーは両日午前10時半からと午後1時半からのスタートで、参加料300円。当日、有鄰館にある本部で申し込める。

 和装か、本部で販売するTシャツ(1800円)を着用している人には、多くの参加店舗で割引などの特典がある。

 問い合わせは実行委員会代表の斎藤直己さん=電0277(32)3407=へ。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報