東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

高崎「宇津木スタジアム」 来月1日プレーボール

6月1日にオープンする宇津木スタジアム=高崎市で(市提供)

写真

 高崎市が拡張整備中の浜川運動公園(浜川町など)に建設していたソフトボール専用球場「宇津木スタジアム」が完成し、六月一日にオープンする。当日のセレモニーでは、女子ソフトボール日本代表監督を務め国際的にも知名度が高い宇津木妙子さん、麗華さんが始球式に登場。日本リーグ女子の強豪で地元のビックカメラ高崎と太陽誘電が記念試合も行う。

 午前十時からのオープニングセレモニーではスタジアム完成までの様子を動画で紹介。始球式は宇津木妙子さん、麗華さんの二人が同時に投球して完成を祝う。

 記念試合は午前十一時半からで、終了後に両チームの選手が市内の中学生を指導する予定。六月八日には中国から北京女子ジュニアチームを招き、市選抜ジュニアチームと記念試合をする。セレモニーや記念試合はいずれも入場無料で、事前申し込みも不要。

 同スタジアムは、同市で初めてスタンド観覧席を備えたソフトボール専用球場。バックネット裏スタンドは鉄筋コンクリート造の地下一階、地上二階建てで固定席が約八百席。仮設スタンド千二百席も設置し、観覧席は計二千席になる。

 グラウンドは人工芝で両翼七六・二メートル。発光ダイオード(LED)のナイター照明やスコアボードを備え、雨天練習場もある。総工費は約十四億円。ビックカメラ高崎の練習拠点にもなる予定。

 愛称を公募し、市内在住の宇津木妙子さん、麗華さんにちなんで「宇津木」の名を冠した。 (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報