東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

自由に ラジコン舞う空 太田で愛好家大会 小中学生が操縦体験

写真

 無線操縦(RC)飛行機の愛好家でつくる「富嶽(ふがく)を飛ばそう会」(正田雅造会長)が、太田市の尾島スカイポートで「中島飛行機スケール大会」を開いた。

 参加者が自慢の機体で操縦技術を披露したほか、今回は初めて子どもを対象にしたRC飛行機操縦体験会=写真=があり、小中学生五人が参加した。

 藤岡市立北中一年の石田大和さんが操縦するRC飛行機はあっという間に離陸し上空へ飛び、強風の中でも機体を回転させるループやロールを決めた。石田さんは「六十点くらいかな。無事着陸出来て良かった」と満足そうだった。 (粕川康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報