東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

めぐる 綱吉ゆかりの地 館林市がマップ 応声寺など掲載

写真

 館林市は、館林城主から江戸幕府五代将軍になった徳川綱吉にちなんだ文化財を紹介する「徳川綱吉公 まちあるきマップ」=写真=を作った。同市の館林駅前観光案内所や、田山花袋記念文学館などで無料配布している。

 まちあるきマップでは、今の館林市の地図上に江戸時代の館林城と城下町の絵図を重ねて紹介。綱吉が、城内と城下に時を知らせるために造らせた「館林城鐘(じょうしょう)」のある応声寺や、三代将軍家光の時代から信仰された「清龍神社」など五カ所を掲載している。

 マップはA3判で二万部を製作、スマホサイズに折りたためる。市文化振興課は「綱吉公ゆかりの地を散策し、館林の魅力を再発見してほしい」と期待している。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報