東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

透き通る黄色 ウチワサボテン 安中で見頃迎える

見頃を迎えたウチワサボテンの花=安中市で

写真

 多肉植物約1000種が栽培されている安中市松井田町の松井田多肉植物園で、ウチワサボテンが黄色い花をつけ、来園者を楽しませている。

 多肉植物はここ数年、育て方も簡単で他の植物に比べ二酸化炭素(CO2)の吸収量が多いなど環境にも優しく、インテリアとしての人気が高まっている。同園では女性に人気のエケベリア系の交配品種も数多く、全国から購入者が訪れているという。

 ウチワサボテンは、高さ約2.5メートルまで育ち、ろう細工のような光沢のある花がサボテン全体を覆っている。深尾和義園長は「多肉植物は寄せ植えすれば、壁面や食卓にも飾れる。簡単にできるので挑戦してみては」と話す。

 同園がある松井田バラ園内ではバラも栽培しており、色とりどりのバラも楽しめる。入園無料。問い合わせは、松井田バラ園・多肉植物園=電027(393)3962=へ。 (樋口聡)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報