東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

色合い優雅 ハナショウブ 館林で見頃を迎える 15、16日に物産市

鮮やかに咲くハナショウブ=館林市尾曳町で

写真

 館林市尾曳町の館林花菖蒲(はなしょうぶ)園(つつじが岡第二公園)で、色とりどりのハナショウブが見頃を迎えた。23日まで、たてばやし花菖蒲まつりが開かれている。

 園内に植えられているハナショウブは270品種の2000株。訪れた市民らは、遊歩道を歩きながら、黄色の差し色が入った白や濃い紫、薄い紫などの花々をめでていた。

 15、16両日には、地元産品を販売する郷土物産市場(午前9時半〜午後4時)や、着物の着付け体験(午前10時半〜午後3時)などのイベントがある。

 15日午前10時〜午後3時には、館林市の交流都市・山形県天童市の特産品のサクランボを販売する。

 問い合わせは市観光協会=電0276(74)5233=へ。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報