東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

御巣鷹、520人の魂と風車語る 日航機墜落34年を前に尾根管理人ら飾る

登山道に風車を飾り付ける「御巣鷹の尾根」の管理人黒沢完一さん(右)ら=上野村で

写真

 五百二十人が亡くなった一九八五年の日航ジャンボ機墜落事故から三十四年になるのを前に、現場となった上野村の「御巣鷹の尾根」の管理人黒沢完一さん(76)らが十二日、犠牲者の慰霊のため、登山道に色とりどりの風車を飾り付けた。

 雨が降り、もやのかかる中、黒沢さんとボランティア団体のメンバー三人が、尾根に向かう途中の「スゲノ沢」付近に並べると、風車は静かに回った。

 慰霊の風車は二〇一〇年から毎年、この時期に設置。遺族らの寄付で集まった風車は今年、二百三十本と過去最多になった。事故の起きた八月十二日には多くの遺族が慰霊登山に訪れる。

 黒沢さんは「今年も無事に並べることができて良かった」とほっとした様子。ボランティア団体「御巣鷹の事故を忘れない会」会長の原田喬さん(79)は「多くの人に訪れてもらい、事故のことをより深く知ってほしい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報