東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

今年のポロ、令和とみどモス 売り上げの一部で復興支援

市の公認キャラ「みどモス」を胸にあしらったポロシャツ=みどり市役所で

写真

 クールビスの推進のため、みどり市は市公認マスコットキャラクター「みどモス」の刺しゅうが入った特製のポロシャツを作った。市職員は十七日ごろから十月末まで着用する。市民も購入でき、予約を受け付けている。売り上げの一部は、災害被災地の復興支援に充てられる。

 ポロシャツの胸の刺しゅうは、四月に市の広報宣伝部長に就任したみどモスが「令和」の額を手にしているデザイン。四月に入った新職員のチームの考案で、市がみどモスとともに新しい令和の時代に飛躍できるようにとの願いが込められているという。左袖には、「MIDORI」とローマ字の刺しゅうが入っている。

 素材はポリエステル100%の速乾性生地で、色は白やピンク、グレーなど。サイズはSS〜3Lの六種類。価格は千六百〜千八百円で、それぞれ三百円が義援金と消費税になる。

 ポロシャツは、二〇一一年度から年ごとに異なるデザインで作られており、今回で九年目。東日本大震災(一一年)と熊本地震(一六年)の被災地に向け、日本赤十字社を通じ、一八年度までに三百六十六万円の義援金を送った。

 購入の問い合わせは市総務課=電0277(76)0961=へ。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報