東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

老神温泉 星に会う夜 高崎高島屋 あすから七夕企画

握手する横山市長(左)と中川社長=沼田市役所で

写真

 高崎高島屋(高崎市旭町)は二十六日から七月二十八日まで「星がキレイな老神温泉へ行こう!キャンペーン」を行う。

 同店は二〇一七年秋に大規模改装が終了。客数は三割程度増加しており、特に若年層と子ども連れの家族が増えている。新規客をさらに増やすため、七夕イベントの協力相手を探したところ、標高六百メートルほどで星が美しく、星空観察会などで活性化を図っている老神温泉(沼田市利根町)に白羽の矢を立てた。県内温泉地との連携は昨年の草津に次いで二回目。

 キャンペーン期間中は店内五カ所のデジタルサイネージ(電子看板)やポスターで老神温泉をPRする。

 七月七日には地元の天文ガイドの岸実さんを講師に迎えて「星のお話」イベントを開く。七月二十六、二十七両日と二十八、二十九両日の日程で、同温泉の旅館「吟松亭あわしま」に宿泊して星空観察会に参加できる特典付き宿泊プランも提供する。

 六日には、同温泉で毎年五月に行われる「大蛇(だいじゃ)まつり」に登場する全長二十メートルの大蛇みこしが同店の東口玄関前を練り歩き、買い物客にも担いでもらう。六、七両日は採れたて野菜の即売会と、税込み五千円以上の買い物で最高二万円の同温泉共通商品券が当たる抽せん会も行われる。

 中川徹社長は十八日、沼田市役所で横山公一市長とキャンペーン内容を発表。横山市長は「多くの人が老神で星を眺め、ひこ星と織り姫に思いをはせてほしい」と老神をPRした。問い合わせは同店=027(327)1111=へ。 (渡辺隆治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報