東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

館林市文化会館大ホール 「カルピスホール」に 9月から

 館林市は市文化会館大ホール(同市城町)の愛称を九月一日から「市文化会館カルピスホール」に変更する。市は公募していたネーミングライツ(命名権)に関する契約について、乳酸飲料「カルピス」を製造販売するアサヒ飲料(本社東京)と結んだ。

 命名権料は年額百五十万円で、期間は二〇二四年三月までの四年七カ月。館林市大新田町には、カルピスなどを製造するアサヒ飲料群馬工場が立地している。

 市は命名権を今年四〜五月に募集。アサヒ飲料一社から申し込みがあり、市議ら十六人でつくる選定審査会で決定。カルピスは昔から親しみのある名称で、市民からもわかりやすいことなどから認められた。

 命名権料は市有施設の運営や維持管理に充てられる。(池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報