東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<政治決戦ぐんま>各党 選挙戦を振り返って

◆政権選択への一歩に

<後藤克己・国民民主党県連会長> 民意の地殻変動は間違いなく起きていることを確信した。野党勢力が結束し、政権奪還への強い意志を県民に示すことにより、政権選択可能な政治に向け大きな一歩を踏み出す選挙戦を展開できたと手応えを感じている。

◆知名度の向上に全力

<小渕優子・自民党県連会長> 選挙区は新人の清水候補の知名度アップに総力を注いだ。比例代表は県連所属の羽生田、糸川両候補をはじめ各種団体が支援する候補者の必勝を期して戦った。県民の安全安心を願うわが党の主張は、しっかり伝わったと思う。

◆年金など政策示せた

<小菅啓司・共産党県委員長> 安倍政権に厳しく対決し(1)減らない年金(2)暮らしに希望を三つのプラン(3)消費税に頼らない別の道など政策を示した。安倍九条改憲に断固反対、市民と野党統一の勝利、共闘発展を真剣に追究。党の比例での躍進に全力を挙げた。

◆小さな声に耳を傾け

<福重隆浩・公明党県本部代表> 「小さな声を、聴く力」を掲げ、国と地方のネットワークを生かし、一人一人の声をきめ細かく政策に実現できるのは公明党しかないと訴えてきた。党員・支持者の皆さまの血のにじむようなご支援に感謝している。

◆9条改悪阻止へ共闘

<南雲鋭一・社民党県連代表> 憲法九条を改悪し、戦争のできる国づくりを絶対阻止すべく野党共闘を実現した。国民の安全・安心な国づくりに方向転換させる参院選と捉えて戦った。比例代表では、議席・得票率を確保し、政党要件を満たすべく戦った。

◆消費増税の阻止訴え

<長谷川嘉一・立憲民主党県連会長> 「群馬が変われば日本が変わる」との決意で、市民と野党共闘により一丸となって戦った。「消費税増税」阻止と「年金問題」、そして安倍政治に終止符を打つという訴えは、多くの有権者に支持されたと確信している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報