東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<政治決戦ぐんま>同日選 投票率の行方注目 知事選、参院選 きょう投開票

投票箱を設置する前橋市の職員ら=前橋市の市立桃井小で

写真

 合わせて五人の新人が舌戦を繰り広げてきた知事選と参院選が二十一日、投開票される。県選挙管理委員会は二十日、十九日現在で両選挙の期日前投票状況を公表し、十五日間の累計は約二十万八千人ずつ(不在者投票は除く)で、有権者全体の約12・7%となった。 (菅原洋)

 知事選に出馬しているのは、ともに無所属で、県労働組合会議副議長の石田清人さん(62)=共産推薦=と、元参院議員の山本一太さん(61)=自民、公明推薦。

 参院選群馬選挙区(改選数一)には、自民党公認の元県議清水真人さん(44)=公明推薦=、立憲民主党公認の元大学准教授斉藤敦子さん(51)=社民推薦、国民支持=、政治団体「NHKから国民を守る党」公認の介護職員前田みか子さん(47)が出馬している。

 期日前投票者数の累計は、知事選が前回同期比約二・二五倍、参院選群馬選挙区が同10・7%増。前回の参院選は今回より選挙期間が一日長く、前回と同じ日数で比べると28・0%増となる。県選管は二十四年ぶりの同日選になるのが増加の要因とみている。

 ただ、近年の選挙では、期日前投票者数が伸びても、投開票日の投票者数の減少が上回り、最終的な投票率の増加につながらない場合も多い。

 前回の投票率は知事選が31・36%、参院選群馬選挙区が50・51%といずれも過去最低を記録。同日選になることで、特に知事選で投票率の下落に歯止めがかかるかが注目される。

 一方、県選管によると、投票所は九百十五カ所(誰でも投票できる共通投票所を除く)。終了時刻は館林市と邑楽郡の各町などが公職選挙法に基づく午後八時となる。

 ただ、春の統一選と同じように終了時刻を繰り上げる自治体も多く、前橋、高崎、桐生、伊勢崎、太田、沼田、藤岡、みどり市は同七時が中心。渋川、富岡、安中市は同六時で、各町村は同六、七時が中心だ。

 開票は同八〜九時に始まり、大勢の判明は知事選が同十時半ごろ、参院選群馬選挙区が同十一時半ごろの見通し。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報