東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

アンブレラ 猛暑に涼 館林市役所を彩る

写真

 鮮やかな280本の傘で飾った「城町アンブレラスカイ」が、館林市役所の敷地内で開かれている=写真。猛暑の館林の夏を涼しげに彩り、市民らの目を楽しませている。

 傘が飾られているのは、敷地内にある城町食堂の前の歩道。長さ30メートルにわたり、赤や青、紫など7色をつるした。日没から午後10時までライトアップする。

 主催は、市民有志でつくる城町アンブレラスカイ実行委員会。城町食堂オーナーで、実行委代表の谷田川明慶さん(30)が3年前、ポルトガル中部の都市アゲダであったアンブレラスカイを見て、館林での開催を計画した。谷田川さんは「館林の暑さが一瞬でも忘れられたら」と期待する。

 今月末まで開催する予定だ。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報