東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

全長80メートル!木炭で描く植物 太田で「佐藤直樹展」

木炭で植物を描いた佐藤直樹さんの作品=太田市美術館・図書館で

写真

 デザイナーで雑誌のアートディレクターの佐藤直樹さんによる作品を紹介する企画展「佐藤直樹展 紙面・壁画・循環」(東京新聞前橋支局など後援)が太田市美術館・図書館で開かれている。十月二十日まで。

 佐藤さんは東京出身で多摩美術大教授。二〇一〇年前後から絵画を精力的に描くようになった。

 企画展では、ベニヤ板に木炭で描いた植物などの作品を公開。二、三階の展示室には全長約八十メートルにも及ぶ大作「その後の『そこで生えている。』」などを展示した。

 一九九〇〜二〇一〇年代、自身が手掛けた「WIRED」などの雑誌や書籍の計二百四十件の表紙も館の壁面を使って紹介した。

 入館料は一般五百円。六十五歳以上や高校生以下などは無料。月曜休館。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報