東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

「たくさん点を取るストライカーに!」 桐生一高・若月大和選手 湘南ベルマーレ入団会見

桐生第一高サッカー部の田野豪一監督(右)と握手する若月選手=同校で

写真

 来季サッカーJ1湘南ベルマーレ入りが決まっているU−17(十七歳以下)日本代表の桐生第一高校三年の若月大和(やまと)選手(17)が二十八日、同校で入団記者会見した。群を抜くスピードが長所の若月選手は「たくさん点を取るストライカーとしての存在になりたい」と力を込めた。

 若月選手はみどり市出身のFWで身長一七〇センチ。小学校ではリベルティ大間々、中学校では前橋SCジュニアユースに、それぞれ所属。高校ではU−17、U−18に選出された。湘南とは今春に仮契約し、高校、大学のチームに在籍したままJリーグに出場できる特別指定選手として、二試合に出場した。U−18プリンスリーグ関東でも活躍中で、十月にブラジルで開幕するU−17ワールドカップ(W杯)の候補にもなっている。

 会見に同席した湘南の強化担当の坂本紘司さんによると「スピードと、ゴールに向かう貪欲さ、シュートに持っていく力もある」と評価。中学生時代の試合ぶりも振り返り「非凡で将来性があった」と言う。

 一月の海外キャンプであった試合でも「必ずチャンスを残し、監督やコーチ陣を驚かせた。大切に育てたい」と話していた。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報