東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

路線バス 乗り心地は? 渋川市がモニター募集

 渋川市は20日まで、路線バスのモニター1000人を募集している。モニターに選ばれた人には、市内を発着する24路線のバスに無料で乗れるチケットを4枚郵送する。

 モニターは受け取ったチケットを10、11月中に使用。12月上旬に市から送られてくる簡単なアンケートに答える。

 市内では関越交通など3社が24のバス路線を運行している。普段は自家用車を使っている人たちにモニターとしてバスの乗り心地を経験してもらい、今後の利用を促す。同時に、アンケート結果を乗り継ぎの改善など今後の交通政策に反映する狙い。チケットを使える最も高いバス料金は伊香保−高崎駅間で1150円、最も安いのは100円均一の伊香保タウンバス。

 モニターの対象は15歳以上の市民。希望者は市交通政策課などで配布している用紙に必要事項を記入して申し込む。応募者多数の場合は抽選。問い合わせは同課=電0279(22)2264=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報