東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<ウォッチ!一太県政>助言役2人の報酬を公表 月額15万、45万円

 山本一太知事は五日の定例記者会見で、先月末に就任した政策アドバイザーと、ネットメディア戦略アドバイザーに対する報酬などの要綱を発表した。

 両アドバイザーは非常勤特別職の顧問。政策アドバイザーは週一日の勤務で、資料作成などの業務も別途勤務外であり、報酬は月額十五万円。仮に月に五日勤務すると、日当は三万円となる。ネットアドバイザーは週三日の勤務で、報酬は月額四十五万円。

 業務内容が異なるために単純比較はできないが、千葉県の森田健作知事は二〇〇九年に知人二人を政策アドバイザーに就けて約三万円の日当を与え、県議会で「税金の無駄遣い」「公私混同」と指摘された。

 山本知事は他県の報酬事例も挙げ「群馬県の顧問弁護士は、週一日の二時間勤務で報酬は月額十五万円だ」と述べ、県の報酬は妥当との見解を示した。

 政策アドバイザーは総務省出身の森原誠氏、ネットアドバイザーはプロデューサーの宇佐美友章(ともゆき)氏が就いた。(菅原洋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報