東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

「最高のリンゴ、おいしいね」 沼田の観光農園が統一開園式

もぎ取ったリンゴにかじりつく児童たち=沼田市で

写真

 沼田市りんご組合の統一開園式が真田りんご園(中発知町、木内修一園主)で行われた。市内に点在する観光農園七十九軒(計六十二ヘクタール)が順次オープンし、十一月下旬までリンゴ狩りが楽しめる。

 開園式では、桑原泰雄組合長が「七月の長雨と八月の猛暑を組合員の努力で乗り切り、最高のリンゴが仕上がった。笑顔でリンゴ狩りのお客さまを迎えたい」とあいさつし、関係者がテープカット。市立池田小学校(発知新田町)の一年生十人が、真っ赤に色付いた「おぜの紅(くれない)」をもぎ取って丸かじりし、秋の味覚を楽しんだ。

 開園式の後、同組合から沼田のリンゴをPRする映像制作を依頼された利根実業高校の演劇部が、五月のリンゴの花摘みから取材した「農作業編」の映像を組合員らに初披露した。

 リンゴ狩りの問い合わせは市観光案内所=電0278(25)8555=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報