東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

14日 県内初「ニコニコ町会議」 東吾妻の魅力をネット動画で配信

2013年に山形県高畠町で開かれた町会議の様子

写真

 インターネット動画配信サービス「ニコニコ動画」の視聴者参加サービス「ニコニコ町(ちょう)会議全国ツアー2019」が十四日に東吾妻町で開かれる。第十四回東吾妻ふるさと祭(町観光協会主催)と同時開催で祭りを盛り上げ、東吾妻の魅力を全国に発信する。県内では初開催。

 町会議は千葉・幕張メッセを会場とする「ニコニコ超会議」の出張版として二〇一二年に始まった。地元の夏祭りと併催し、ニコ動の人気企画と地元のPR企画を全国にネット中継している。昨年までに三十六都道府県の七十会場で行われた。昨年の十三会場の来場者は計二十六万人、ネット視聴者は計百六十六万人に上った。

 今年は七月から十月にかけて全国十カ所を巡っている。東吾妻町は六番目。約五千件の自薦・他薦の中から、地元の協力態勢などを考慮して選ばれた。

 主な会場は東吾妻町コンベンションホールと原町商店街通り。開演は午後零時半で終演は同七時。ライブステージのほか「踊ってみたひろば」やコンピューターグラフィックスのキャラクターが配信する「VTuber」と話せる車やゲーム実況などを用意。全四チャンネルで配信する。

 二十数年ぶりに復活する「岩櫃神輿(みこし)」行列の生中継や地元パフォーマンス集団「忍びの乱」の演技披露など、群馬ならではの企画も予定されている。 (渡辺隆治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報