東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<東京2020>女子ソフトボール豪代表 太田でキャンプ開始 あすから練習試合

市職員らの出迎えを受け、笑顔のオーストラリア代表選手ら=太田市役所で

写真

 東京五輪の予選を控えているソフトボールのオーストラリア女子代表チームが十三日、キャンプ地の太田市に到着し、市役所を訪問した。中国・上海で二十四日からある予選にはアジア・オセアニアの八つの国と地域が出場し、出場権一枠を懸けて競う。

 「オージー・スピリット」が愛称のチームの選手ら二十四人は、市役所では大勢の市職員や市民から歓迎を受けた。

 同チームは昨年にも二回、太田市でキャンプした。清水聖義市長は「太田とオーストラリアはずっと仲良くしたい。まずは五輪出場を期待します」と激励。チームを代表し、ヘッドコーチのレイン・ハロウさんは「来年の五輪に向けて頑張りたい」と力を込めた。

 チームは二十一日まで太田市に滞在。小学校を訪れて児童と交流するほか、十五〜二十日には、市運動公園で早稲田大や山梨学院大、ビックカメラ高崎などの各チームを相手に、公開の練習試合をする予定だ。練習試合は観覧無料。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報