東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

ジェラート全国大会で1番人気 来場者特別賞に桐生市の「わびさびや」店主・高野さん

賞状を手にする高野欽市さん

写真

 ジェラートの味を競う全国大会「ジェラートワールドツアージャパン」で、桐生市新宿にある「わびさびや」の店主高野欽市さん(48)が「来場者特別賞」を受けた。来場者から最も支持されたジェラートに与えられる賞だ。ヘーゼルナッツと、ほうじ茶を合わせた自信作で臨んだ高野さんは「来場の皆さんに喜んでもらえた」と笑顔をはじけさせた。 (池田知之)

 大会は八月三十一日と九月一日、横浜市で開催され、四月にあった予選会を通過した有名店などの十二人が出場。両日で二万人が来場し、好きなジェラートを投票した。

 ジェラート店を開業し、十四年目の高野さんが出品したのは「ラテ・ノッチョーラ・ほうじ茶」。ジェラートの本場イタリアで定番の素材ヘーゼルナッツと、ほうじ茶、生クリーム、黒蜜などを使い、香ばしさと甘さを絶妙に組み合わせた。春からグラム単位で試行錯誤しながら作った。

 高野さんは「会場では行列が途切れず、何回もおかわりする人もいた。皆さんに好まれているのが分かった」と手応えを感じた。用意した百六十キロ、二千六百杯分がなくなったという。

 結果、来場者の投票と審査員の評価を合わせた順位での入賞は逃したが、会場で最も票を集めた「来場者特別賞」に選ばれた。

 高野さんは「一位にはなれなかったけれど、支持を得られたのは良かった。自分にとって最高の賞です」と、初のビッグタイトルに喜んでいる。

来場者特別賞に選ばれた「ラテ・ノッチョーラ・ほうじ茶」=いずれも桐生市で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報