東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

コスモス迷路、登場 高崎・鼻高展望花の丘

黄花コスモスの迷路も人気に=高崎市で

写真

 高崎市鼻高町の「鼻高展望花の丘」でコスモスが咲き誇り、訪れる人の目を楽しませている。

 赤城、榛名、妙義の上毛三山を見渡す丘陵の1.6ヘクタールに40万本が植えられ、早咲きのコスモスから順に見頃を迎えた。ピンクや白色などの花々が風に揺れ、秋の訪れを告げている。黄花コスモスの花畑を巡る迷路も登場し、家族連れなどの人気を集めている。

 荒れた耕作放棄地を耕して地域を彩ろうと住民らが20年ほど前から取り組んでいる。地元のNPO法人「鼻高町をきれいにする会」が管理して、10月13日まで「コスモス祭り」を開いている。期間中、地場産野菜などの直売店を開くほか、花の種のプレゼントなど週末を中心にさまざまなイベントがある。会の戸塚実理事長は「台風15号の影響で一部が倒れるなどしたが、順調に生育した。山の眺望とともに楽しんでほしい」と話した。 (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報