東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

東京からごみ受け入れ 桐生市、立川市の事業系業者と協定

協定書を取り交わした桐生市の荒木恵司市長(左)とオリックス資源循環の花井薫一社長=桐生市役所で

写真

 桐生市清掃センターは東京都立川市の事業所から出る一般廃棄物の処理に取り組む。立川市は人口増などに伴い、ごみが増えている一方で、清掃センターは処理能力に余裕があるため受け入れを決めた。桐生市は十八日、立川市のごみ処理を手掛ける廃棄物処理業のオリックス資源循環(本店・埼玉県寄居町)と廃棄物処理に関する協定を結んだ。処理は十月に始める。

 桐生市清掃センターは年間十万六千五百トンの焼却能力を持つが、同市の人口減やごみ減量施策が進んだことなどで、昨年度の稼働率は六割弱にとどまった。センターは余力を生かし、立川市にある商業施設などからオ社が集める一般廃棄物の一部を焼却処理する。本年度は千七百トンを受け入れ、市は約四千七百万円の歳入を見込んでいる。

 オ社では廃棄物を二千度の高温で溶かす処理施設を寄居町で運営。立川市の商業施設などから回収した事業系一般廃棄物は年間約九千トンを処理している。

 桐生市役所であった協定締結式では、荒木恵司市長とオ社の花井薫一社長が協定書を取り交わした。

 オ社によると、自治体が民間事業者を仲介し、区域外の一般廃棄物を常に受け入れるのは全国初。荒木市長は「自治体と民間が協力することで、ごみ処理行政に一石を投じられることを願っている」と話した。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報