東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

ハロウィーンでにぎわいを 来月5日高崎でイベント 仮装審査や各国クイズ

昨年のイベントで記念撮影する市民=高崎市で(市提供)

写真

 高崎市内の大学生や専門学校生が中心になって企画、運営する「たかさきハロウィン2019」が十月五日午後二〜七時、JR高崎駅西口ペデストリアンデッキをメイン会場に開かれる。

 「若者の力で中心街に、にぎわいを創出しよう」と今年で三回目。高崎オーパ前に設ける特設ステージでは仮装コンテスト(当日参加も可)などを開催する。今回は国際色豊かな企画が特徴で、世界各国のハロウィーンをクイズで紹介。英語教育に力を入れる市の「くらぶち英語村」ブースでは生徒やスタッフが英語を使った催しを予定する。

 美容系学生のネイルアート・フェースペイント(一本または一カ所各百円)もあり、ハロウィーン気分を盛り上げる。街角には「インスタ映え」するフォトスポットを設け、市街地の魅力を発信。小学生以下を対象にミニゲームでお菓子をもらえる子供向けコーナーや、お菓子をプレゼントするスタンプラリーもある。

 新島学園短大一年の山田澪奈副実行委員長は「幅広い世代にハロウィーン気分を味わってもらい、街中を盛り上げたい」と意気込む。問い合わせは市商工振興課=電027(321)1256=へ。(石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報