東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

日限地蔵尊観音院にホテル きょうオープン 寺の建物 大幅改装

庭に臨む共用ダイニングキッチン

写真

 桐生市東の日限(ひぎり)地蔵尊観音院は1日、境内にある建物を使った宿泊施設「テンプルホテル観音院」を開業する。寺院での宿泊事業に取り組むシェアウィング(東京都港区)と共同で運営。国内外の観光客を取り込みたい考えだ。 (池田知之)

 観音院は真言宗寺院で370年余の歴史がある。ホテルは既存の建物を大幅に改装し、露天風呂を備えたり、ベッドを設けたりした。洗練された設備やインテリアは、地元の家具製作者らが担当している。

 1日当たり、2組の宿泊が可能。食事の提供はないが、庭に臨んだ共用ダイニングキッチンを設け、調理器具を用意した。写経や書道など、寺院ならではの体験もできる。宿泊料金は2人で1万4000円から。

 内覧会のあいさつで、月門快憲住職は「大勢のお客さんにおいでいただければ、寺も桐生も活性化すると期待している」と述べた。

 予約はテンプルホテル観音院のホームページでできる。「お寺ステイ」のキーワードで検索できる。

 シェアウィングは岐阜県高山市と東京都港区で寺院のホテルを開いており、観音院で3カ所目。同社によると、全国に7万7000以上の寺院があり、このうち3割が檀家(だんか)減などで後継者不足になっているのが現状。檀家に代わる新たな支援者やコミュニティーづくりに取り組んでいくという。

ベッドを備えた客室=いずれも桐生市で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報