東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

秋深まり、コキア赤紫色に 館林で見頃

赤く色づいたコキア=館林市の東武トレジャーガーデンで

写真

 館林市堀工(ほりく)町の東武トレジャーガーデンで、八千株のコキアが紅葉の見頃を迎えた。秋の深まりとともに、赤紫色に染まっている。

 コキアは和名で「ホウキギ」と呼ばれる円すい形の一年草で、同ガーデンでは今季、初めて植えた。四千二百平方メートルの土地の一面に広がるコキアのそばでは、白や紫色のコスモスや、キバナコスモスも華やかに咲いている。来園者は園内を散策しながら、秋の花々の競演を楽しんでいた。十月下旬ごろには、秋バラが満開になる見込みだという。

 問い合わせは同ガーデン=電0276(55)0750=へ。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報