東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

台風19号影響、県内でも きょう交通機関一時運休も

台風接近で、通常より早く扉を施錠し閉店準備をする従業員=前橋市で

写真

 台風19号の接近に伴い県内は十二日、大型商業施設などで営業時間の変更や臨時休業が相次ぎ、鉄道など公共交通機関が運転を見合わせるなど影響が広がった。十三日も交通機関に一時的な運休が出る見通し。

 高崎市の高崎タカシマヤは十二日に終日臨時休業し、十三日は午後二時ごろから開店する予定。同市と太田市にあるイオンモールも十二日、レストランなど専門店街を休業した。十三日は通常営業する見込み。

 県などによると、十二日に上野村の一部などで避難指示、県西部の高崎市などで避難勧告が発令された。

 JR東日本高崎支社によると、十二日は同支社管内で各路線が順次、計画運休した。十三日も湘南新宿ライン、上野東京ライン、吾妻線は始発から終日運休。高崎線、信越線、両毛線、八高線は昼ごろまで上下とも運転を取りやめる予定。上越線の高崎−渋川駅は昼ごろまで、渋川−水上駅間は終日運休。東武鉄道も十三日の始発から運転を見合わせる。いずれも台風通過後、安全が確認された路線から順次運転を再開する。 (市川勘太郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報