東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

桐生の神山さん、79歳で初個展 27日まで市内で 油彩など60点

79歳で初の個展を開いた神山晃一さん=桐生市錦町で

写真

 桐生市相生町の神山晃一さん(79)の油彩画などを集めた個展が、同市錦町の樹徳コミュニティセンターみ法(のり)で開かれている。独学で三十代から絵画を描き始めた神山さんの初の個展だ。二十七日まで。入場無料。

 油彩を主に六十点を紹介。「子どものころから絵描きになりたかった」と結婚式用の和装卸業などを営みながら絵筆を取るように。国民文化祭や市の美術展に出品するようになった。

 近年は、織物のような幾何学模様が印象的な作品が多い。「帯や友禅の模様が仕事柄、染み付いているのかもしれません」と笑顔で話していた。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報