東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

「桐生の良さ発信したい」ふるさと大使 キャスター小森谷さん就任

荒木恵司市長(右)から桐生ふるさと大使の委嘱状を受け取る小森谷徹さん=桐生市役所で

写真

 桐生市を宣伝する「桐生ふるさと大使」に、タレントでキャスターの小森谷徹さん(54)が就任した。

 桐生市出身の小森谷さんは桐生高校と日大芸術学部をそれぞれ卒業。TBSテレビの情報番組「ひるおび!」やTBSラジオの「ジェーン・スー 生活は踊る」などに出演している。

 荒木恵司市長から委嘱状を受け取った小森谷さんは桐生の魅力について「古くからの建物が残り、食べ物もおいしい。吾妻山など景色のいいところもある」と話す。「離れているからこそ分かる良さを発信したい」と意気込んでいた。

 桐生ふるさと大使は県外在住で、桐生市出身か同市に在住経験のある人が対象。市が依頼しており、これまでに女優藤田朋子さんや画家山口晃さん、埼玉西武ライオンズ元監督の渡辺久信さんら四十六人が選ばれている。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報