東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

今年は18店 頂点競う あす高崎「キングオブパスタ」

キングオブパスタ2019のポスター=公式ホームページから

写真

 「パスタの街・高崎」をアピールする「キングオブパスタ2019」が10日午前10時〜午後4時、高崎市高松町のもてなし広場で開かれる。市内のパスタ店がおいしさを競う食の催しで、11回目の今回は過去の優勝店5店を含む18店が参加。工夫を凝らしたメニューで頂点を目指す。

 うどん、おっきりこみ、ひもかわなど豊かな「粉食文化」が根付く群馬。「高崎は人口当たりのパスタ店が多い」として、パスタをご当地グルメに地域を盛り上げようと2009年、若手経営者らが実行委員会を組織してスタートした。節目の10回目だった昨年は、歴代優勝店からチャンピオンを選んだ。今年から新たな歴史を刻む。

 大会は来場者の投票でキングを決めるコンテスト形式。投票券1枚につき1店舗に投票できる。5食分のチケットと投票券1枚がセットで、前売り1900円、当日2000円(ともに税込み)。前売りは大手コンビニのオンラインストアから、9日まで購入できる。

 参加店と出品メニューは、キングオブパスタ公式ホームページで紹介している。問い合わせは実行委事務局=電027(323)2868=へ。 (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報