東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

来春オープンの利南運動広場 野球場とテニスのコート命名権、沼田市が募集

利南運動広場内野球場とテニス場の完成予想図

写真

 沼田市は来春のオープンを予定している利南運動広場(沼須町)内の野球場一面とテニスコート八面のネーミングライツ(施設命名権)のスポンサーを公募する。募集期間は十二月十六日まで。

 「ぬまた野球場」「ぬまたテニスコート」の上に同一の企業名や商品名を冠する。期間は二〇二〇年四月から五年以上で、命名権料は年額五十万円以上。応募用紙は市役所スポーツ振興課で配るほか、市のホームページからダウンロードできる。

 同広場は沼田公園(西倉内町)にある野球場とテニス場の代替施設として片品川沿いに一八年度から整備中で、ウオーキングコースや芝生広場も設けられる。

 同市が公共施設のネーミングライツを公募するのは市民体育館(東原新町)を今年四月から「ZACROS(ザクロス)アリーナぬまた」としたのに続いて二件目。同体育館の契約は五年間で年額百万円。(渡辺隆治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報