東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

ご当地うどん 館林がグランプリ 上州牛の炙り釜玉 埼玉で「サミット」

「上州牛の炙り釜玉」がグランプリに輝き、喜ぶ館林市うどん振興会の松本会長

写真

 各地の名物うどんを集め来場者の投票で日本一を決める「全国ご当地うどんサミット」が17日、埼玉県熊谷市で開かれ、館林市の「上州牛の炙(あぶ)り釜玉」がグランプリに輝いた。国産小麦の消費拡大などを目的に2011年から始まったイベントで、毎年開催されている。

 会場の公園には、全国各地から30のブースが出店。埼玉県行田市の会社員仁平悟史さん(34)は2位になった愛知県蒲郡市の「ガマゴリうどん」をすすり「これで4種類目。普段は味わえないのでうれしい」と笑顔を見せた。

 表彰式後、館林市うどん振興会の松本大祐会長(50)は「2年連続で3位だったがようやくグランプリが取れた。これを機に館林のうどんを全国に発信していければ」と感極まっていた。

 地元の「熊谷うどん」は3位と健闘。熊谷市で小麦販売などを手がける会社の社長で、イベントの実行委員長を務めた松本邦義さん(54)は「サミットを通じて全国の(うどん関係者の)方々とつながりができた」と話した。

にぎわう「全国ご当地うどんサミット」の会場=いずれも埼玉県熊谷市で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報