東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

威勢よく「商売繁盛」 きょうまで桐生西宮神社、えびす講

熊手が売れるたび、拍子木の音や手拍子が響いたえびす講=桐生市で

写真

 「えびす講」で知られる桐生西宮神社(桐生市宮本町)の秋の例大祭が十九日、始まった。

 境内には商売繁盛や家内安全を祈ろうと、多くの参拝客が訪れた。二十日まで。

 同神社は七福神の一つ「えびす」を祭るえびす神社の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市)の関東唯一の直系分社。えびす講は一九〇一(明治三十四)年の創設以来毎年開かれており、関東一円から二十万人が集まる。

 境内のそばでは、幸せや金運をかき集める縁起物の熊手などを授与する店が軒を連ねた。手に入れた客には手拍子とともに「商売繁盛、商売繁盛」と威勢のよい声が掛けられていた。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報