東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

県補正予算案 台風19号対応264億円

 県は十九日、先月の台風19号に伴う関連費用の約二百六十四億円を柱とした十一月補正予算案を、今月二十六日に開会する県議会定例会に提案する方針を明らかにした。

 内訳は道路、河川、砂防、林道、農業用施設などを復旧する公共事業に約二百五十七億円。補助事業が約二百億円を占め、その約三分の二は国費で賄う。

 県立学校施設の復旧工事は、体育館が浸水した吉井高、グラウンドやフェンスなどに被害があった富岡高、富岡実業高、高崎工業高に計二億九千六百万円を充てる。

 被災者の支援は二億五千六百万円。大規模な被害を受けた住宅の生活再建に向けた支援金は太田、高崎市などの約百二十世帯、支援金から漏れた世帯の人的被害も含めた見舞金は約三百五十件を見込む。

 国の事業では、旅行関連事業者を対象に被災地域での旅行・宿泊料金を割り引く支援策を検討中で、一億六千百万円が支給される。

 豚コレラ(CSF)の対策では、現在県内で畜産関係車両を消毒しているポイント四カ所を来年三月まで継続するために五千四百万円を計上した。

 十一月補正予算案の総額は約二百七十二億円となる。 (菅原洋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報