東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

茂山あきらさんら、狂言の無料公演 みどり市で23日

 みどり市大間々町のながめ余興場を会場にした狂言の無料公演が二十三日午後二時から開かれる。演目は「柿山伏(かきやまぶし)」と「附子(ぶす)」。狂言大蔵流の名跡、茂山千五郎家の狂言師茂山あきらさんらが出演する。同日正午から入場整理券を余興場入り口前で配る。先着五百人。子どもの入場もできる。

 「柿山伏」は柿を盗み食いした山伏と、柿の木の持ち主とのやりとりを面白く描いた作品。「附子」は猛毒だといわれた附子が気になる太郎冠者と次郎冠者の掛け合いを描いた作品だ。

 狂言の鑑賞は無料だが、余興場のあるながめ公園で開催中の関東菊花大会の入場料(一般四百円、小中学生二百円)が必要。公演は芸術を通して明るい世の中づくりに取り組む「一般社団法人みんなで街おこし」(みどり市)が主催する。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報