東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

7団体 弾む和太鼓 桐生で東毛合同演奏会

力強い演奏を披露した「秋桜太鼓」=桐生市で

写真

 東毛和太鼓合同演奏会「響秋21」が桐生市文化会館シルクホールで開催され、桐生、みどり、太田の各市と栃木県足利市から七団体が出演した。

 メンバー不足を補うため保護者もバチを握る石橋お囃子(はやし)会や小中学生が中心の「小太郎組」などが稽古の成果を披露した。

 メンバー全員が母親の「秋桜太鼓」は結成十五年目。子育ての合間に週一回の稽古に励んできた。オープニングの銅鑼(どら)が印象的な「華美」と、腹筋運動のような動きのバチさばきが見事な「韋駄天嫁(いだてんむすめ)」を披露し、会場からは大きな拍手が起きた。

  (粕川康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報