東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

全職員に注意喚起 知事、神奈川の情報流出受け

 山本一太知事は十二日の定例記者会見で、神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HD)が流出した事件を受け、関係する全職員に庁内のサイトで注意喚起したことを明らかにした。県は神奈川県にリースしていた「富士通リース」と、消去や廃棄の委託を受けた情報機器会社「ブロードリンク」との取引の有無も調査している。

 群馬県によると、HDのデータを消去するなどの際、職員が自ら廃棄し、業者に廃棄させる場合は作業を確認するか、消去の証明書を提出させているという。職員にはこうしたルールや、委託先への確認を徹底するように注意喚起した。

 県は既に総務、財務、県税などの基幹系システムで両社とは契約がないと確認し、その他の契約の有無を調査中。現在までに両社から県との取引があるとの連絡も寄せられていない。

 山本知事は「県のルールは実行していると報告を受けている。こういうこと(事件)があったのだから、県も十二分に気を付けなければならない」と述べた。(菅原洋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報