東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

「爪」強化 五輪躍動を 桐生の染色会社 補修液を開発

繊維加工技術を応用した競技者向けの爪補修液を手に持つ伊藤久夫さん

写真

 桐生市の染色加工会社「アート」が、繊維加工技術を応用し、競技者向けの爪補修液を開発した。ソフトボールや柔道など、爪に負担がかかる競技で効果が期待できるといい、東京五輪・パラリンピックで選手に使ってもらえるよう、世界基準の認証も取得。伊藤久夫社長(78)は「指先を強くして、最高のコンディションで競技に挑んでほしい」と語る。

 爪補修液開発のきっかけは、プロ野球選手が投球の際に爪を割り、交代する場面を見てきたこと。若い頃から野球や水泳に打ち込んできた伊藤さんは、選手の悩みが理解できた。「指先をテーピングや接着剤で固めているのが現状。爪そのものを丈夫にできないか」と考えた。

 同社はこれまで、蚕の繭から抽出したタンパク質を使った化粧品を商品化してきた。さまざまな原料を試した結果、スズメバチの繭から抽出したタンパク質が爪に近い構造で、強度を持つことが分かったといい、今年に入り、試作品が完成。三月には米国のドーピング検査に合格し、五輪など、世界的な大会でも使用が認められるようになった。

 競技者向けの補修液は十一月に発売。柔道の競技団体などに提供し、来年の東京五輪・パラで実際に使ってもらうことを目指している。伊藤さんは「ネイル関連でアンチ・ドーピングの認証を得た商品はなかった。爪はアスリートにとって大事な道具。桐生の技術を生かして、スポーツ選手をサポートしたい」と意気込んでいる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報