東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

客もてなす つるしびな 安中の高齢者ら 温泉施設に展示

つるしびなを飾り付けるサロン利用者たち=安中市で

写真

 安中市磯部の日帰り温泉施設「恵みの湯」の大広間に、地元の高齢者たちが作った「つるしびな」が飾られた。「正月に向け、華やかで来館者にも好評」(同湯)という。来年のひな祭りまで展示する予定。

 同湯で民生委員が高齢者向けに毎月一回開いている「さわやかサロンあかぎ」が手作り和飾り愛好家関口多喜子さん(82)を講師に招き、サロン利用者二十五人がさるぼぼが付いたつるしびなや、鶴亀、巾着などの飾りのつるしびな五個を制作。完成したつるしびなを入浴客に見てもらおうと展示した。

 企画した石井モトエさん(71)は「民生委員卒業と同時に展示できてよかった」と話した。 (樋口聡)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報