東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

桐生市観光情報センター、来月開業 20日まで愛称募集

群馬銀行桐生支店の敷地内で開業する桐生市観光情報センター(左側の赤枠部分)の完成予想図(市提供)

写真

 桐生市は、観光案内を強化するため、「桐生市観光情報センター」を二月、建設中の群馬銀行桐生支店(本町五)の敷地内で開設する。センターは、支店とは別棟の平屋建物(八十平方メートル)で、観光情報の提供や、桐生の産品を販売する。市は二十日までセンターの愛称を募集している。

 センターは公民連携の観光まちづくりの拠点としての位置付け。市観光交流課職員が常駐し、観光客に対応するほか、飲食コーナーの設置や特産品の販売も扱う。物販は、たこ焼きのチェーン「築地銀だこ」を運営するホットランド(本社東京)が業務委託を受けて運営。市の地域おこし協力隊員二名が従業員として雇用される。年末年始以外は無休で運営する。駐車場は三十五台分あり、銀行の休業日にはイベントなどにも活用する。

 市は開業を受けて、施設の愛称を募集中だ。市が示した候補「ツーリスト・スクウェア桐生」と「シルクル桐生」「桐生しるべ」「ウェルカムゲート桐生」の四案のどれかか、このほかにふさわしい案を募集している。応募は郵送かファクス、電子メールで受け付ける。締め切りは二十日。応募用紙は市のウェブサイトからダウンロードできる。

 問い合わせは市観光交流課=電0277(46)1111=へ。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報